産まれて初めて黒毛和牛を食べました

私は先日、産まれて初めて黒毛和牛を食べました。

私は現在30歳で、最近ようやく親の元を離れて一人暮らしを始めました。それまではいわゆるパラサイトシングルで、朝晩の食事はもちろん、会社へ持参するお弁当まで作ってもらっていました。さすがに30歳になり、このままじゃ嫁にもいけないと思い、一念発起して家を出たのです。

和牛産地 再生への挑戦|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本

私の母は物凄い倹約家で、父の収入は人並みでさほど貧しい生活を強いられていたわけではないにも関わらず、お金を掛けずに生活することを生き甲斐にしているよう人でした。ですので、家での食事で牛肉が出てくることはまずありませんでした。私が牛肉を食べる機会があるとすれば、友達と休日にランチをしたり、飲み会でおつまみとして出てくるものを食べるくらいでした。きっと海外産の牛肉だと思います。

黒毛和牛

今回私が一人暮らしを始めるにあたり、友人らが私の家に遊びに来ることになりました。その友人らが引越し祝いにすき焼きパーティーをしようと提案してくれて、肉や野菜などの食材を持ち寄ってくれました。そこで登場したのがデパートで購入したという、100g2,000円もする黒毛和牛だったのです。銘柄は松阪牛でした。私は興奮して鼻血が出そうになりました。

搾乳素牛セール情報|酪農家の方へ|らくのうマザーズ

実際に食べてみると、肉が口の中でとろけました。黒毛和牛ってこんなに美味しいんだと30歳になって初めて知った私は、食の新たな扉を開いたような感激を覚えました。1kg買ってきたお肉は4人であっという間に平らげてしまいました。友人らには本当に感謝です。

日本にはこんな美味しい食べ物があったのだと、改めて日本の食文化の奥深さを知りました。またいつか黒毛和牛をお腹いっぱい食べたいです。